5月6日 (土)

今日は大阪よりクラブツーリズムのツアーの
お客様42名の案内役として登る事が出来た。
コースは氷ノ山越えコースの往復。

11時30分 キャンプ場出発!
   足元は雪と雪解けの泥で大苦戦。。。
   雪道に慣れていない方が多かったようで、
   少しペースが速かったようだった。・・・反省。

13時00分 氷ノ山越えの峠に到着!
   みんな思わぬ雪の量に驚きと感動、
   ・・・そしてとまどいの様子。
   それもそのはず、山頂に向かって
   尾根は雪に覆われ登山道は見えない。。。
   尾根の左側片斜面を前進する。
   その左側は谷間。。。滑落厳禁である。
   何度登っても谷間を望むと足がすくむ。。。
   アイゼンを使う姿もあった。

14時30分 氷ノ山山頂到着!!
   しかしそこは強風!残念ながら霧もかかり、視界なし!
   あまりの強風と寒さに全員避難小屋へ待機。
   そして山頂気分を味わう間もなく下山となった。

16時30分 全員無事下山!
   皆さんのおかげで、足元の悪い中
   全員無事下山する事が出来ました。
   本当に有難うございました。
   山頂での強風と霧の悪条件に終わってしまいましたが、
   これに懲りず、またのお越しをお待ちしております。
   また氷ノ山でお会い出来る事を楽しみにしております。

まだまだ残雪の多い中、
ようやく山野草を見かけられるようになりました!

   <今日出会った山野草>
 『エンレイソウ・すみれ・ショウジョウバカマ・ハシリドコロ』

   ノリアキ

ヒュッテ白樺ホームページ  http://www.h3.dion.ne.jp/~sirakaba/
# by 55sirakaba | 2006-05-06 23:43 | 氷ノ山登山日誌 | Comments(0)

5月4日(木) 快晴

ゴールデンウィーク真っ只中、
今日は心地好い快晴となった。
久しぶりに僕も山へ登ってみることにした。

早速キャンプ場から氷の越えコースに向かった。
さすがGW中!
キャンプ場にはキャンプに訪れている家族等で一杯だった。
そこに車を停め、登山道へ入った。

一歩山へ入ると、まだたくさんの雪があった。
林の中、道は雪で隠れていたが、
所々道が見えているのを頼りに登って行った。

そして氷ノ越えの峠に到着した。
そこには想像以上の雪の量にビックリした!
山頂へ向かってコシキ岩付近までまっすぐに雪上の一本道!
・・・もう5月だと言うのにこの雪の量はありえない。。。
でもおかげでだいぶ近道が出来た。

今日は快晴の中、気温も暖かく、最高の登山日和となった!
他の登山者にもたくさん出会う事が出来た。
特に、仲良く親子連れの姿が目立った感じでした。
山頂のトイレも冬期間は閉鎖されるが、すでに開放されていた。

今年もまたこの氷ノ山に何回登ることになるのだろう。。。
何度登っても登る度に新しい発見がある。
今年はどんな発見が出来るだろうか???
今年の登山道での新緑にはまだまだ遠い気がします。

今年の登山道での山野草は春と夏が一緒に楽しめるかも。。。
皆さんも一緒に楽しみましょうね!     ノリアキ  
# by 55sirakaba | 2006-05-05 10:45 | 氷ノ山登山日誌 | Comments(0)

5月3日(水) 快晴

早くもゴールデンウィーク突入!
ようやく氷ノ山にも桜が咲き、ただ今満開です!

今日は山菜取りに訪れているお客様が目立ちました。
今年は大雪の為、山菜の時期も遅れぎみです。
今採れる山菜は、
『フキノトウ・つくし・コゴミ・タラの芽・葉わさび』等ですかね…
まだまだ出始めなので小さいものが多いです。
今年のワラビやウドは、まだまだ先になりそうですね。。。

その他、氷ノ山のイベントとして、
『響の森』で、野鳥に関する展示や観察会が開かれています。
近日の暖かい気候で、
たくさんの野鳥の鳴き声が聞こえます。
これからたくさんの鳥達が恋をする季節になります。
泣き声を聞き分けられると、また楽しみも増えてきまよ!
『響の森』入館料無料です!
ぜひ足を運んでみて下さいね!

そして我が家、『ヒュッテ白樺』も営業中です!
宿泊はもちろん、レストランもやってます。
採れたての『山菜定食』や、
山菜の天婦羅の入った『氷ノ山うどん』『氷ノ山そば』が大人気です!
そして大好評のオリジナルソフトクリーム、
『白樺ソフト』も販売中です!

お気軽にお立ち寄り下さい!!   ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-05-03 21:53 | 氷ノ山登山日誌 | Comments(0)

キッズキャンプ 白樺倶楽部

今シーズンより始めた白樺倶楽部1泊2日のキッズキャンプ!

僕は『のりコーチ』として、
子供達と一緒に2日間を過ごす事が出来た。
スキー人口が減少傾向にある中、
スキー技術よりもスキーの楽しさを伝えると同時に、
仲間作りの大切さと素晴らしさを伝える事が出来たらと始めたこの企画。
『スキーをさせてやりたいけど教えてやれない』というご両親や、
前回参加のお友達との交流を求めて、多くの参加者がありました。

スキーを全く初めての子も、
中級者の子供達も一緒になってスキーを楽しんだ。
2日目の帰る頃にはみんなとても上手になり、
『まだ帰りたくなーい!』 
『もっとのりコーチと滑りたーい!!』
『また一緒にオフロ入りたーい!!!』
などみんなの最高の笑顔と、
僕にとって何よりの言葉を貰う事が出来た。
最高の瞬間でした。

スキーだけでなく、一緒にお風呂に入ったり、
一緒に花火をしたり、遊んだり、寝たり、ご飯を食べたり。
みんなと一緒に過ごした2日間、
本当にとても楽しかった!
 りょう君・みわchan・花chan・げん君・ひとみchan
 はるchan・えみりchan・まゆchan・あかりchan
 うっちー・あやchan・かい君・しょうこchan・こうき君
 ゆいchan・じゅんや君・ひなたchan・ゆきchan
みんな元気してるかな??
またみんなの最高の笑顔に会える日を楽しみにしてるよ!

これからも、もっともっと多くの子供達に
『この氷ノ山を大好きになって欲しい』
・・・それだけが僕の願いです。

今後、冬だけでなく夏休み頃にも企画していく予定です。
夏の氷ノ山は、登山・ハイキング・川魚のつかみ取り・化石掘り・
バーベキュー・キャンプファイヤー・星空観察・自然を利用した創作体験等、
様々な楽しみ方一杯あるんで、どんどん参加してね!

これからもどんどん企画していくんで、
『ヒュッテ白樺HP』にご注目下さいね?  ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-04-24 22:19 | キッズキャンプ情報 | Comments(6)

氷ノ山夏山開き予定!

4月23日(日)  天候 曇りのち晴れ

ようやく雪も消え始め、氷ノ山の春はこれからです。
まだゲレンデに残った雪を求めて
スノーボードを楽しんでいる姿も見えました。
氷ノ山の桜はゴールデンウィーク頃が見頃かな??
今年は6月オワリ頃まできっと残雪が見られますよ!

夏山開きは6月11日(日)の予定です!
毎年、県内外からたくさんの登山者にお集まり頂いております。
当日は登山者の安全祈願と様々なイベントが予定されております!
・・・僕らの『わかさ氷ノ山樹氷太鼓』の演奏も披露します!
もちろんガイドとしても参加予定です!

当日、登頂された方全員に『氷ノ山登頂証明書』が配布されます。
また、前夜祭としてタイマツ行進も行われます。
皆さんもタイマツを持って、参加することが出来ます。
タイマツ炎の行列は見るだけでも素晴らしいですよ!
・・・ちなみに我が家、『ヒュッテ白樺』まだまだ空室あります!
  (登山用おにぎり弁当もご用意致します!)
  宿泊希望の方はお早めにご予約をどうぞ!

当日、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。
みんなで一緒に氷ノ山の安全祈願をお願いします!  ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-04-23 15:59 | 氷ノ山紹介 | Comments(4)

4月9日 (日) リフト営業最終日!

今日でスキー場の営業すべて終了しました。

『ヒュッテ白樺』スタッフ一同お礼申し上げます。
有難うございました。
引き続きスキーシーズンが終わりましても、
山菜採り・ハイキング・登山等、『ヒュッテ白樺』は四季を通して営業しております!
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

・・・本日天候・曇りのち晴れ!
最高のゲレンデコンディションで滑り納めを出来たようです。
登山者も県内外からたくさんの方を見受けました。
午後から晴れ間が広がり、気持ちの良い登山日和になったのではないでしょうか?

これからは、山スキー・山菜採り・登山等、
氷ノ山の様々なイベント情報を掲載していきます。
今後のヒュッテ白樺HP・ブログにご注目下さい!

皆様からの質問・お問い合わせお待ちしております。
・・・こう見えても寂しがりやなので、
何でもいいのでお気軽にコメント入れて下さい!
お待ちしております!!       ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-04-09 17:04 | ヒュッテ白樺 | Comments(5)

4月8日 (土) リフトあと1日!

リフト運転明日が今シーズン最後の営業となります。
スノーピアゲレンデも動いてますよー!
まだまだ雪はあるんですよ!!・・・もったいない限りです。。。

今日の僕は昨日の登山の疲れで休養します。
身体中痛くて、動けないす。。。情けない。。。

ゲレンデの天候は曇り!
気温も上がらずまずまずの雪質。
・・・でもリフトはガラガラ。。。滑り放題!!
滑りに来てた人達は大満足のようでした^^

世間はすでに花見気分なのかな?
とりあえず、リフト明日までですよ??・・・滑るっきゃないっしょ!!
・・・ついでに『しらカバ君』お勧めの、
今年も大人気だった『ソフトクリーム』の営業も明日まで!・・・食べるっきゃないっしょ!!

スキー場最終日、お待ちしてマース!!     ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-04-08 17:06 | Comments(0)

4月7日 (金) 氷ノ山 快晴!

今日は朝から青空が広がっていた。

山仲間と二人、顔を見合わせ『行くっきゃないだろ!』と
荷物を詰め込み山スキーをはいた。

まだ行った事のない道へ入ってみようと、
仙谷コースからオオクラ谷へアタックすることにした。
・・・最近この山スキーを履いて、下りはもちろん登りが楽しくて仕方ない。
谷にはまだまだ雪があり、最後までスキーを外す事はなかった。
オオクラ谷の様子は木々が開けていて、とても気持ち良い谷だった。
二人顔を見合わせて『下りが良さげな斜面じゃねえ?』
と微笑みを浮かべながら登り続けた。
しかしそれもつかの間、予想してはいたものの、
尾根手前100メートル付近から険しくなった。
二人で苦戦しながら、なんとか登りきる事が出来た。

ホット一息昼食をとった。
その後、戸倉方向へ林間滑走を楽しみ、
また登り返して三の丸コースを下山した。
その間出会った登山者は三組程度。・・・意外と少なく感じた。

それにしても4月だと言うのにこの雪の量。
雪質も表面は緩んでいるが、下は硬く滑りやすかったですよ!
今年はまだまだ山スキーが楽しめそうだ。。。

さあ、ゲレンデのリフト運転も残り二日間!
キレイに圧雪してありますよ~!

皆さん滑り納めをどーぞ!     ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-04-08 09:40 | のりさんのプライベート | Comments(0)

冬山登山ガイドに向けて・・・ No.2

・・・前回のつづき

雪山ブームになる反面、登山中の事故や遭難事故も増加している現実がある。
今年も氷ノ山でもありました。

僕も氷ノ山遭難救助隊の一員として出動した。
夜の暗闇の中、そして吹雪で視界の少ない中必死に捜索に当たった。
・・・いつも見えている景色が見えない。
・・・自分の居場所さえも分からなくなる。
冬山の恐ろしさを改めて実感させられた。。。
遭難者は、翌日昼頃発見し無事下山する事が出来た。

危険だから冬山には登らない。・・・という人も少なくないと思う。
しかし雪山の素晴らしさは、体感した人にしか味わえない神秘的な世界がある。

『氷ノ山の樹氷・霧氷の素晴らしさ、
 大雪原の広大さをより多くの人へ紹介したい!』
『この感動を分け合いたい!』
その為に今僕は勉強しています。

冬山の素晴らしさと共に、恐ろしさを知らなければいけない。
好きなだけではガイドは出来ない。
ここ氷ノ山に生まれた事に誇りを持ち、お客様の大切な命をお預かりし、
責任を持って、氷ノ山の白銀の世界へご案内する事が、
今の僕の夢であり目標である。

・・・来年になるか、再来年になるか、、、出来るだけ早く皆さんを安全に、
この雄大な氷ノ山の大雪原へご招待する事をお約束します!

もうしばらくお待ちください。。。  オワリ


わかさ氷ノ山スキー場 『ヒュッテ白樺』 ノリアキ
# by 55sirakaba | 2006-04-06 09:55 | のりさん自己紹介 | Comments(2)

冬山登山ガイドにむけて・・・ No.1

近年、急速な勢いでブームを迎えている冬山登山・そしてバックカントリー。
日本中どの雪山でも入山者が増加している。

僕もそんな雪山の魅力に取り付かれた一人である。

ここ若桜氷ノ山に生まれ育った僕は、夏山はもちろん冬山へも
子供の頃から父親に連れられスキーをかついで登っていた。
それと同時に冬山の恐ろしさも教わり、その後気軽に入山することはなかった。

そんな中、去年山仲間の西尾君に誘われ、長野県白馬岩岳スキースクールの
スタッフと共に二泊三日でバックカントリーに参加することが出来た。
 (その時の体験記はまた機会があれば紹介したいと思います。)

その時ガイドをして下さった方々はその山を知り尽くしていた。
見渡す限りの大雪原の中を安全に登りやすい道案内、素晴らしい景色への誘導、
そして最高のシュプールを描ける事の出来る斜面を大滑降!!
お蔭様で大満足をして無事下山する事ができました。

僕はその時ガイドの方々の偉大さと頼もしさを実感した。

僕もあの時のガイドさんのようにお客様を安全に、
この雄大な氷ノ山の素晴らしさを紹介し、
大満足で、下山して戴く事が出来るようなガイドになりたいと思う。

・・・つづく
# by 55sirakaba | 2006-04-06 09:08 | のりさん自己紹介 | Comments(0)