2012年 06月 11日 ( 1 )

わかさ氷ノ山夏山開き!・・・無事終了!

わかさ氷ノ山夏山開き!・・・無事終了!_f0101226_21535713.jpg
 昨日、6月10日(日)、氷ノ山夏山開きが行われました!

 天候は朝から小雨とあいにくの天気でしたが、お陰さまでとーっても賑わい楽しい山開きとなりました!


わかさ氷ノ山夏山開き!・・・無事終了!_f0101226_223647.jpg まず、お客様の歓迎と、安全を願い、『わかさ氷ノ山樹氷太鼓』 の演奏を行い、皆様をお見送りしました。

 小雨が降っていたのでテントの下での演奏となってしまいましたが、山頂まで届けと、思いっきり打ち鳴らしました!
・・・団体バスのお客様の出発に合わせて、それを3度繰り返し、最後の演奏終了後、僕も山頂へ向かって登りました。
 最終パトロールの予定でしたが、急遽、氷ノ越えより、お客様のガイド補助で最後尾へ付かせて戴き、神戸のお客様とご一緒させて戴きました。

わかさ氷ノ山夏山開き!・・・無事終了!_f0101226_2242078.jpg
 なんとか雨はあがりましたが、道中はとってもぬかるみ歩きにくく、しかもガスもかかり、視界の悪い状況が続いてましたが、山頂に着く頃には、少し青空も覗き、下界を見下ろせた瞬間もありました。


 また、この日は団体グループでの登山者が多く、すれ違いもなかなか大変でしたね??

わかさ氷ノ山夏山開き!・・・無事終了!_f0101226_21544564.jpg でも、山頂に着くと、可愛い巫女さん二人が笑顔で出迎えてくれ、一気に疲れも吹っ飛びましたね!

 これは今年初めての試みでしたが、お客様にはとても好評のようでした。

多くのお客様が、巫女さんと一緒に写真を撮られていて、皆さんとーっても楽しそうでした!

わかさ氷ノ山夏山開き!・・・無事終了!_f0101226_225166.jpg・・・僕らが着く頃には、有難いお神酒がなくなってしまっていたのはチョット残念でした。
山頂で配られていた登頂証明書も全て配り終わったとか。
 それだけたくさんのお客様が登られていたって事ですね?
登られた皆さま、ありがとうございました。

・・・反省点として、当日は多くのお客様とのすれ違いと、雨の為のぬかるみにより、どのグループも予定時刻よりオーバーしてしまっていたようです。
 その点でクレームもあったようですが、僕が思うに、当然の結果です。
山登りってそんなもんです。
 大自然を相手にしてる訳ですから、予定はあくまで予定です。
皆さんを安全に案内するには、特に団体のお客様相手となると、時間掛かる事もあるかと思います。
 だからその分、時間には充分なゆとりを持って計画しましょう。
・・・と言うことだと思います。

 団体ツアーでよくある失敗。計画段階で、通常パンフレットにある参考タイムで単純に計画してあり、お風呂に入る時間がなくなってしまった。。。なんてよくある話です。
 団体で登る場合、先頭と最後尾にはかなりの時間差が生じます。
休憩の度にロスタイムが発生し、また列の後ろの方ではペースが乱れ体調を崩してしまう方も出やすくなります。
・・・もちろん僕らもガイドとして、スケジュールに合わせて最善を尽くしますが、そこで焦ってペース配分を上げてしまうとさらに状況は悪化してしまいます。

 登山するにあたって、計画はとっても重要です。
最悪の場合も考えながら、ゆとりのある計画をしてくださいね??
 今回のようなイベントある日は、お客様が多いのは当然、通常より時間が掛かることは想像も出来るハズです。
 団体のグループでは特に、通常の参考タイムより最低30分~1時間はゆとりを持って計画すべきでしょうね。
・・・もし予定より早く無事下山出来ればそれは何より、ゆっくりお風呂に入ったり、早くおうちに帰ってゆっくり休めばいいだけなんですから。

 今日もヒトリ、午後から登って来ました!
振り返ると今回、3日連続の登頂となりました。。。
 昨日のお客様には申し訳ないですが、今日が一番楽しかった!!
曇り空でしたが、視界良好で、静かないつもの氷ノ山でした!
・・・言ってる事は矛盾しますが、やはり賑やかな氷ノ山は嬉しいんですけど、山は静かな方が落ち着き、心が安らぎますね??

 今回ツアーでお越し戴いたお客様、ゼヒまた静かな氷ノ山へおいで下さいね!
また氷ノ山でお会い出来る日を楽しみにしています!

 おいで戴いた多くのお客様、ありがとうございました!
そして、関係者の皆さま、大変おつかれさまでした。
by 55sirakaba | 2012-06-11 21:56 | 氷ノ山登山日誌 | Comments(4)