山と渓谷 12月号

山の本と言えば、【山と渓谷】
山と渓谷 12月号_f0101226_22274006.jpeg
その雑誌、12月号では、厳選全国雪山40コースが紹介されていて、中でも『氷ノ山』を6ページに渡って特集されています!
すっごく嬉しく、即買いしました!!
山と渓谷 12月号_f0101226_22283075.jpeg

山と渓谷 12月号_f0101226_22291397.jpeg
その他の内容としても、雪山登山に関する情報が盛り沢山!!必要な装備の選び方から歩き方まで、丁寧な情報が満載です。こりゃ永久保存版ですね。
山と渓谷 12月号_f0101226_22285018.jpeg
氷ノ山の冬期シーズンは、鳥取県若桜側から入ると、スキー場のリフトが使用出来るので比較的登りやすく雪原へ行く事が出来るのが良いところ。だからと言って気軽に入ってしまうと、危険はたくさんなのも現実。しっかりとした装備と勉強が必要になります。それでも不安な方は、ガイドを依頼する事も良いと思いますが、絶対に無理は禁物です。

でも、雪山の雪原は何とも言えない幻想的な世界が広がっています。氷ノ山は、古くから関西の蔵王と呼ばれていて、条件が良ければモンスターと呼ばれるような樹氷を見る事も出来ます。たくさんの方にゼヒ見て欲しい景色ではあるのですが、絶対にナメてかかってはいけなぃのが雪山。。。でも登った人にしか見れない景色、感動の連続ですよ!

ガイド依頼があれば喜んでお受けしたぃとこですが、冬はスキーのお客様をメインでやらせて貰っています。タイミングが合えばお受けしますのでお問い合わせ戴けると嬉しいです。1月〜2月中旬頃までは予定が埋まってますが、土日以外の2月下旬〜3月平日はまだまだ空きもありますので、ご案内しますよー!!
・・・まずは、雪がたくさん降りますよぅに!



by 55sirakaba | 2019-12-13 21:56 | 氷ノ山紹介 | Comments(0)
<< 雪のないスキー場開き。 ウサギの足あと。 >>