氷ノ山のやっかい物を、お宝へ!

 昨日、11月25日(日)、氷ノ山にて【かや刈り】作業が行われました。
【かや】とは、古民家の屋根、茅葺き屋根の材料として利用されています。
下の写真は、若桜町の重要文化財へと指定されている、茅葺きの古民家。
 【 三百田邸 】
氷ノ山のやっかい物を、お宝へ!_f0101226_21404412.jpg
 氷ノ山のスキー場に多くに分布しているこの【かや】は、ゲレンデでは邪魔なやっかいものとされ、毎年刈り捨てられているのが現状。

 そこで、氷ノ山では3年ほど前からこの【かや】に注目し、このやっかい物を商品化し、お宝へと変えようと取り組まれています。
 今年もその作業のヒトツとして刈り取り作業が行われました。

氷ノ山のやっかい物を、お宝へ!_f0101226_21355464.jpg この作業にあたって、ボランティア隊員の募集が呼び掛けられました。

・・・こんな作業にボランティアで人は集まるのか??
と少し心配していましたが、学生ボランティア、地域・関係者の方々、総勢17名で作業に当たる事が出来ました。

 こんな活動をしてる事は知ってましたが、今回僕も初めて参加させて貰いました。


氷ノ山のやっかい物を、お宝へ!_f0101226_21371088.jpg 関係者から作業の説明を受け、ほとんど手作業で行われました。

まずは刈り取り、混ざっている他の草木を取り分け、丁寧にカブをそろえて紐で結ぶ。


・・・最初は簡単な作業だと思っていましたが、イザやってみると、これまた大変。。。
かなりの体力と、忍耐の作業でした。。。
 が、みなさん静かに、真剣に作業に取り組んでおられました。
氷ノ山のやっかい物を、お宝へ!_f0101226_21392413.jpg
 この日の作業で終わりではなく、また後日、しっかりと乾燥し、また選別し、煙で燻す作業を終えてようやく商品となるそうです。
・・・これがホントにお宝になってくれると思うと、嬉しいデスね!

 カヤに詳しい方のお話しを聞くと、氷ノ山のカヤは、他の地域のものより太く・長くて、良質なんだそうですよ!
 この3年の間に何件か出荷されたそうで、喜ばれているそうです。
また来年度には、すでに予約も入っているそうで、お宝となる日も近いのかな??
 捨てられてきたやっかいものが、新たな町の収入源となれば嬉しいですね!

氷ノ山のやっかい物を、お宝へ!_f0101226_21381196.jpg この日は、軽トラックに山盛り4台分の収穫でした!

 ボランティア隊員の皆様、おつかれさまでした。
 ご協力有難うございました!

 最後の反省会の際には、
『大変だったケド面白かった!』
『また来年も参加したいです!』
など、意外な言葉も聴けました。
・・・本心なのか、社交辞令なのか、解んないけど、嬉しかったです!

 今回、地域からつながりのないボランティアの方も、真剣になって取り組んでくれる姿を見て、地元住民として今後もっと協力していきたいと強く思いました!!
by 55sirakaba | 2012-11-26 21:42 | のりさんのプライベート | Comments(0)
<< 登山シーズン終了! 《11月30日》 氷ノ山がチョットだけ近くなりま... >>