今日の氷ノ山は、三の丸コースから!

 昨日の吹雪のリベンジと言う訳でもないんですが、またまた行って来ました!
今日は ≪三の丸コース≫ から、≪氷ノ越えコース≫ への周回コース。
f0101226_2053228.jpg

 まずはスキー場内、スノーピアゲレンデから出発!
スキーを履いていればアッという間に滑り降りちゃうコースなのに、歩くと結構しんどい。。。
・・・こんなに急な斜面だったっけ??いつも思います。

f0101226_2129417.jpg そして、≪三の丸コース≫ の山場はココ!
第三リフトの急斜面。。。健脚者向けのコースです。
 急な階段が続き、心臓破りの急斜面です。
登山序盤にして体力をかなり奪われてしまいますので、登られる方は覚悟して登って下さいね??
この急な斜面を登りで使うべきか、下山に使うべきかといつも悩みますが、、、やっぱりどっちも辛いです。。。
下る方が楽なようにも思われがちですが、山頂を経由して疲れた足には、かなり膝にきます。
 どっちかと言えば僕は登りで使う方が多いですね。
でも実際ほとんどこのコースはガイドでは使ってません。
・・・なぜかと言うと、他のコースに比べて1時間近く多く時間がかかり、登山道の両サイドにはほとんど笹に覆われていて道中の景色もイマひとつな気がします。(・・・個人的な思いですので。)
 ゆっくりのんびり山歩きを楽しみたい方には良いと思います。
ただ、数年前から一部階段か崩れたまま放置されているので、歩きにくい個所もあります。
 尾根にたどり着くと、ブナの林があり、とても心地良いです。
・・・それを越えると、ひたすらチシマ笹に覆われた登山道が山頂まで続きます。

 三の丸周辺には、鳥取県側のトイレと、少し先に兵庫県側の避難小屋があります。
f0101226_2116068.jpg
f0101226_21164294.jpg
鳥取側トイレは展望用に作られているので、風のある寒い日には兵庫県側の避難小屋が利用できます。
f0101226_21305421.jpg

f0101226_2057240.jpg そこから先、氷ノ山山頂に向かっては、まだかなり雪が残り、雪上を歩きました。

 登山道は雪の下ですが、ひたすら尾根なのでそぅ迷う事はないと思われますが、やはり少し歩きにくいので、時間にはゆとりを持って計画しておきましょー!!

f0101226_21173974.jpg

f0101226_20573217.jpg
 そして、今日の氷ノ山山頂は、昨日とは全く違った表情を見せてくれました。

昨日はガスもかかり寒かったので足元しか見えませんでしたが、今日は青空も広がり、下界を見下ろすことが出来ました!


f0101226_2114872.jpg
 氷ノ山を代表する山野草、【サンカヨウ】 間もなく開花です!

・・・葉っぱの開き方もおもしろいでショ??

 昨日の今日だったんで、登るの辞めようかと思いましたが、登って良かったデス!!

・・・僕の心も晴れやかになりました。

 残すは、≪仙谷コース≫ ですね??
ま、近々様子を見て来たいとはおもいますが、谷間なんで一番遅くまで残雪が残ります。
 しかも下に水が流れてるんで足元には空洞もありとても危険です。
まだまだ利用は避けたほうが懸命ですよ。
 あと一月くらいは難しいでしょうね??

 さ、早くもGW前半突入です!
登山されるお客様、登山を楽しむには、ゆとりを持って行動する事!
残雪もあるので決して無理をしない事ですよ??
足元はとっても滑ります。今は靴が一番大事かも??
 深めの登山靴、スパッツ、手袋、着替えシャツ、防寒着は必需品です。

みんなで楽しい登山をしましょうね??

・・・でわでわ、氷ノ山でお会いしましょー!!
by 55sirakaba | 2013-04-27 21:18 | 氷ノ山登山日誌 | Comments(4)
Commented by イッシー at 2013-04-27 23:19 x
三の丸…板担いで上がって遊べません?さすがにムリか…
Commented by のり at 2013-04-28 09:22 x
【イッシー】さん、気合いがあれば遊べますよ??上部まで行けば場所によっては100メートル位なら滑れますね。ただ、そこまでスキーを担ぎ上げる気合いが必要で。。。ま、イッシーさんなら問題ないか!
Commented by あなはぜ at 2013-04-28 11:50 x
はじめまして。
いつも情報収集を兼ねて拝見しております。
27日は私も氷ノ越コースピストンで登りましたがお天気も良くなり気持ち良かったですね。
Commented by のり at 2013-04-29 08:39 x
【あなはぜ】さん有難うございます!

あの日の氷ノ山気持ちよかったですよね??
…ブログ楽しく拝見しました!
つぃつぃ雪の上を歩きたくなる気持ちわかります。
時間的に、山頂でニアミスだったよぅですね??
また氷ノ山でお会いしましょう!
<< 食卓に並ぶ山菜 (4月29日) 今年も登山シーズン開始です! >>